むし歯を予防したい

痛くなる前の予防が大切!

歯痛の原因は、むし歯だけとは限りません。
その他の原因としては、歯周病によるものや咬み合わせ、歯髄の炎症など様々ですが、どの場合も早期に的確に診断し治療することがとても大切です。また、歯は一度削ってしまうと元に戻すことはできません。その為、歯が痛くなってから治療するのではなく、痛くならない為のケア(予防)が大切です。
当院では、痛くなってからの治療ではなく、
痛くならないためのケア(定期健診)をお勧め致します。
歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。痛くなってから行く → 歯を削るの悪循環をとめることが重要です。
そのため、近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。
ずっと健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。

予防のための定期歯科健診

歯石除去
毎日の歯磨きの中で落としきれていない汚れが歯石となります。どれだけ丁寧に磨いているつもりでも歯石は溜まっていくものですので、定期的に除去してあげましょう。

定期健診
予防の為には、定期的な健診や治療後の経過観察が重要です。自分のお口の状態を把握することが、お口の健康を保つ為には必要です。
上にもどる